介護保険のサービス

介護保険の要介護認定を受け、介護サービスが受けられる事になったら次にどのようなサービスが自分や家族が望んでいるスタイルか良く考える必要があります。
介護のサービスも大変に種類が多く、金額もまちまちです。
まず始め専門の介護支援業者を訪ね、専門家と細かな相談をしながら介護サービスの計画を立てると良いかと思います。

豆知識

介護の計画を一緒に考えてくれる専門家をケアマネージャーと呼びます。介護の知識を習得した専門化ですので、その人にあった一番良い方法を考えてくれるかと〕思いますので、介護の泉の方に安心してお任せしましょう。

ホームヘルプサービス

一般的なのは訪問介護や介護予防訪問といった、ホームヘルパーさんによるホームヘルプサービスです。訪問してくれたホームヘルパーさんが利用者と相談して家事の支援を行うというものです。費用は要介護のランクにとって異なりますが、ひと月にかかるのは数千円程度かと思います。

看護師が自宅を訪問し利用者の体調を看るサービス
訪問入浴介護サービス

デイサービス

これは要支援の方の介護予防や、通所介護が可能な方がデイサービスセンターに通い介護予防に努めるというサービスです。

リハビリなどによる運動機能の向上
入浴や食事を済ませるなどのサービス

専門家による生活指導決まった曜日に専用の車での送迎のサービスがあるので、利用者の家族の負担が減る事からも利用者の数は圧倒的に多いようです。

ショートステイ

短期間、老人保健施設などで介護を受けながら生活を送るショートステイと呼ばれるサービスもあります。利用者がデイサービスやショートステイを利用している期間は日常、自宅で介護を行っている家族にとっても息抜きの時間になります。
介護される方だけでなく、介護をする方にとっても、このようなサービスは大変ありがたく、なくてはならないサービスとなっているように思われます。

目的に合った介護保険サービスを

このように介護保険のサービスは利用者の健康状態や生活状態によって、受けられるものとそうでないものがあるようです。
自分にどのような介護サービスが当てはまるのか?どれが最も適しているかケアマネージャーと良く相談の上、介護支援、介護予防に努め快適な生活を送れる事が望ましいと考えられます。

check

陰山泰成の講演会

最終更新日:2017/8/31

 

↑TOPへ