自宅での介護

自分に介護が必要になった時、家族に苦労をかけたくないと考える人も多いはずですよね。

しかし、その一方、専門の施設などへの入居にも抵抗をお持ちの方もいらっしゃると思います。

不景気の影響でご主人の収入も減った為、少しでも家計の足しになればと、仕事を始める奥さんも少なくありません。

そうした中、両親の介護が必要になったらどうしましょう。

 

仕事は続けられるか?
家計はやって行けるか?
子育てと家事との両立は出来るか?

自分には関係の無い事だと切り捨てられない人も居ると思います。
しかし、 いざという時にあたふたしないよう、日頃からある程度のシュミレーションを家族で話しあっておくのもありだと思います。

介護サービスを利用して無理なく介護を…

ご主人にとっても自分の親ですし、自宅でお世話をしてあげたいというのが本音だと思います。
自分の大切な家族ですから、家族がお世話をしてあげるのが当然かも知れませんが、何から何まででは介護する側も倒れてしまいます。
現在介護保険のサービスも充実してきていますので、利用する人にあった介護サービスを、介護計画のプロであるケアマネージャーさんと良く相談しながら、家族では難しい部分を補えば良いのではないかと思います。

訪問入浴介護

専用設備を搭載した専用車で自宅を訪問してくれ利用者の入浴を介助してくれ、費用も1回千円前後です。

デイサービスセンター

食事のサービスや入浴サービスなどを受け られる介護サービスもあります。自宅とデイサービスセンターの往復は専用車で送り迎えもある為、大変に便利で利用者も多いようです

自宅介護の為の自宅の修繕

そして、自宅で介護を行う場合には自宅の修繕を行う必要も出てきます。

・手すりをつける・スロープで段差を解消・トイレなどの交換

このような修繕にかかる費用も介護保険で補えるものもありますので、事前にケアマネージャーさんなどと相談してみてください。また、高くて購入できない介護用品は、介護保険サービスを利用してレンタルする事も出来ます。ベッドの他には車椅子や簡易トイレ、手すりなどがありますので使用したい場合には購入を考えるのと同時にレンタルも考えてみては如何でしょう。
長生きしよう!

介護というものは

このように、自宅で介護をする場合にも様々なサービスや手段がある事がお分かりかと思います。自宅介護を決めた際には、ケアマネージャーさんと納得が行くまで相談し、介護する側もされる側も皆が快適に生活を送れる方法を考えてみては如何でしょうか?

注目サイト

千葉から家族で引越しを検討
http://kantou.prorow.jp/

2017/3/3 更新

 

↑TOPへ